special

第1回田野瀬杯争奪学生弁論大会

西日本唯一の政治経済学部を擁する大和大学では、未来の政界・官界・財界を背負って立つ人材を育成するために、学生弁論大会を企画いたしました。
日頃の熱い思いをこの機会にぶつけたい学生の応募をお待ちしています。

募集要項

●応募資格…4年制大学に在籍する学生であること。

●募集期間…平成30年5月20日~平成30年7月31日

●応募要領
・応募用紙(本学HPに掲載)に必要事項を記入の上、弁論原稿(1600字~2000字程度)とともに、以下の宛先まで郵送またはメールに添付して提出してください。

〔郵送の場合〕
 〒564-0082 大阪府吹田市片山町2-5-1
 大和大学政治経済学部「田野瀬杯争奪学生弁論大会」係
〔メール添付の場合〕
 「件名」に「田野瀬杯」と入れた上で、以下のアドレスにPDFファイルにして添付して送信してください。
  tanosehai@yamato-u.ac.jp

●選考結果…応募者本人に8月末日までに電話またはメールにて通知します。

<審査員長>大和大学学長 田野瀬 良太郎

大学時代1年間アルバイトをしながら、ロシアからヨーロッパ、中近東、東南アジア等33カ国を歴訪。これを機に政治の道を志し、1973年市議会議員初当選。その後、県会議員、衆議院議員に当選し、自治政務次官、財務副大臣、自民党文部科学部会長、自民党三役・総務会長等を務める。議員活動を始めてまもなく、教育は政治上の最重要課題であると痛感し、実践として1981年なかよし保育園を開園。西大和学園高等学校、西大和学園中学校、西大和学園カリフォルニア校、白鳳女子短期大学(現 白鳳短期大学)を設立し、2014年4月、西大和学園の集大成として大和大学を開学し、学長に就任。名古屋工業大学卒、柔道5段。著書『西大和学園の奇跡』、『田舎に帰った青年が三バン(地盤・看板・鞄)もなく国会議員になった話』主婦の友社より発行。2017年春の叙勲において「旭日重光章」受章。