blog

【教育学部】2020年度教育実習報告会が行われました

2020年12月23日

12月11日午後、教育学部で教育実習(主免許)の報告会が行われました。
本年度の実習生全員が教育実習の経験を省察し、その意味を口頭で報告しました。
傍聴は自由でしたが、1・2年次生が多数参加し、先輩の失敗談や教育観から多くの刺激を受けていました。また4年次生も一部が参加し、後輩の成長を見守りました。
発表会は20の分科会で同時展開されました。コロナ禍で、大半の学生の教育実習時期が突如延期となり、実習中も感染拡大防止に非常に心を砕きながらの日々でしたが、それ以上に、各実習校の先生方は「学びを止めるな」と授業の維持・回復に懸命に努力され、各校の子どももひたむきに学びに打ち込んでいました。
そんな中で胸を打たれたこと、苦労したこと、考えの浅かったことなどを、実習生たちは普段以上に熱をこめて語っていました。
それに応じて、傍聴者からも質問や意見が多く出されていました
口頭発表と質疑応答を経て、教員就職をめざす自覚がぐっと深まる報告会となりました。








戻る