blog

【政治経済学部】日立造船株式会社相談役古川実先生による講義が行われました

2018年06月14日

6月13日(水)に政治経済学部「キャリア研究Ⅰ」の第6回実学講座が実施されました。今回は、日立造船株式会社相談役古川実先生にご講義を賜りました。テーマは、「陸(おか)に上がった日立造船~生き残る者は変化し続ける者~」です。
講義では、造船会社としてスタートした日立造船が「脱造船」から「環境の日立造船」へ歩むことになった歴史的、戦略的背景と、2030年に向けて取り組んでいる1兆円企業への取組みについてご紹介いただきました。環境事業でダントツの世界№1の地位を確立し、循環型社会実現に向けたソリューションプロバイダーを目指していること、「人」を大事にする経営が企業にとって極めて重要であることなど、貴重なお話をうかがうことができました。ご講義は、これから社会を目指そうとする学生の将来にとっても示唆に富んだ内容で、変化し続けてゆく人間・企業のみが生き残ることができるというサブタイトルを強く印象付けるものでした。
さらに、講義後の質疑応答においても学生からの質問に、丁寧にお答えいただきました。


戻る