blog

【政治経済学部】株式会社竹中工務店経営企画室長磯野正智先生による講義が行われました

2018年06月13日

6月6日(水)に政治経済学部「キャリア研究Ⅰ」の第5回実学講座が実施されました。今回は、株式会社竹中工務店経営企画室長磯野正智先生に「建築業の現状・課題と成長戦略」というテーマでご講義を賜りました。
講義では、1.自己紹介、2.建設業とは、3.仕事内容、4.竹中工務店の代表作品、5建築業の現状と課題、6.竹中工務店の2025年成長戦略、7.これからの建築、8.最後に(学生の皆様へ)という内容で話をしていただきました。人生の8割近くを建物の中で過ごす人間にとって重要な役割を果たしてきた建築業について、メーカー、ゼネコン、デベロッパーという分野に区分して分かり易く説明いただきました。また、建築業界の現状と課題、1610年の織田信長の時代に始まった竹中工務店の歴史や、1950年の南極昭和基地建設、最近の渋谷パルコにおける都市創造への取組みなど「街づくり総合エンジニアリング企業」を目指す竹中工務店の未来戦略について、貴重なお話を窺うことができました。
講義の最後では、竹中工務店の未来の立ち位置を「社会的価値創造」、「環境的価値創造」、「経済的価値創造」というキーワードで説明され、社会を目指す学生に対して仕事は楽しいと思わなければいけないと結ばれました。ちなみにご自身の就職に際して、「自分の創ったもので社会に貢献したい」という思いで竹中工務店に入社されたとのことでした。
さらに、講義後の質疑応答においても学生からの質問に、丁寧にお答えいただきました。



戻る