blog

【政治経済学部】特任教授・山﨑拓先生による特別講義「国際関係論的視点に立つわが国の外交・安保政策概論」が実施されました!

2017年11月20日

11月20日(月)に政治経済学部「キャリアガイダンスⅠ」において本学特任教授・山崎拓先生の特別講座「国際関係論的視点に立つわが国の外交・安保政策概論」の第3回講義が実施されました。

今回のテーマは、北朝鮮問題などでゆれる国際情勢においてますます議論が深まる「日米安保条約改正」です。
講義では、わが国の外交・安保政策の基本方針である「外交三原則」の一つであり、わが国の外交政策の根幹を成す日米同盟堅持についてご講義を賜りました。

特に日米同盟を成立させている日米安保条約を中心にご説明くださいました。
現在まで日米関係-外交政策の機軸となっている新安保条約成立に至る安保条約改正をめぐる動き、新安保条約の性格、安保条約改定の政治的・社会的背景である米ソ冷戦構造についてのお話をうかがいました。
さらに、日米安保条約が定める「極東」の範囲の変容や、冷戦構造の崩壊・米中二極化の動向といった安保条約をめぐる日本の外交・安保の現状についてもご教示くださいました。

こうしたご講義全体を通じて、わが国の外交・安保政策のあるべき将来像を検討・考察する重要性と材料をご提示くださいました。




戻る